詐害行為

弁護士に通帳、キャッシュカード、銀行印鑑を預ける時に預り証をもら...詐害行為

分籍、土地の名義について。
お聞きしたい事があります。
約5年前、実家暮らしから一人暮らしをする際、色々な事情があって分籍手続きをしました。
今回、その実家(土地含む)を父の借金の関係で、私の名義に変更しようという話が出ています。
一度分籍すると二度と同じ籍には入れないと聞きました。
今回、名義を私に変更する事で何か障害になる様な事はございますでしょうか?何も問題なく名義を変えれますでしょうか?どなたか詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

>名義を私に変更する事で何か障害になる様な事はございますでしょうか?気になるので借金の事です。
債務逃れの為の名義変更ですと、詐害行為なので債権者から訴えられると所有権が行使できない可能性があります。
>何も問題なく名義を変えれますでしょうか?可能ですが、無償譲渡の場合はかなり高い贈与税が課税されます。
例えば、1110万円超ですと表面税率で45%なので資金が無いとできません。
ただで貰うにもお金が必要という事です。

2016/4/14 09:10:37

教えてください。
私は、Aにお金を貸し、金銭貸借契約を締結しました。
その際、Aの弁済能力に不安があったので、B(Aの父親)を連帯保証人としました。
BはAと同居しており、不動産の所有者でもあったからです。
が、このたびAが破産するという情報を得たため、保証人のBに連絡しようとしたところ、Bは既に亡くなっていることがわかりました。
すぐに、不動産の所有者を確認したことろ、Aの子供に遺贈されていました。
Aに財産はなく、Bも不動産以外の財産はほとんどないと思われます。
保証人が亡くなったことは私には通知されていませんが、これを理由に今から子供に保証人を変更させたいのですが、可能でしょうか。
破産申し立てがされるともうだめでしょうか。
補足回答ありがとうございます。
Bの配偶者は既に他界し、Aは1人息子です。
よって、法定相続人はAしかいないと思われるのです。
不動産という正の財産を孫に遺贈し、保証債務という負の財産のみ法定相続人(A)に相続ということが許されるのでしょうか。

遺贈には、特定遺贈と包括遺贈があり、特定遺贈の場合は、債務について特に指定がない限り負担する義務はありません。
おそらくBが生きているときに、そのような遺言状を作成していたのでしょう。
ダメもとで、Aの子供に交渉するしか無いでしょうね。
もし、Aの子供が不動産を借金から守るために遺贈してもらったと言ってくれたら、詐害行為取消権を行使できるかもしれませんね。

2011/7/16 17:37:18

【個人事業】領収書を発行して初めて経費として認められるのか?こんばんは。
個人事業1年目の者です。
少し質問があるのでご回答いただけると幸いです。
経費とは、領収書を発行しないと認められないのでしょうか?発注書と請求書、銀行振込までのやりとりはしたのですが、領収書まではしてません。
なんとなく、銀行の振込明細書でも大丈夫考えていたのですが、間違っていたのでしょうか?自分でもネットで調べてみたのですが、いる派といらない派(銀行の振込明細書でOK)がいてよくわからない状況になっています。
ご存じの方がいましたらご回答いただけると幸いです。
よろしくお願い致します><補足みなさん丁寧にお答えいただきありがとうございました(´;ω;`)ウッ…

日時、取引先、金額などが確認できる、通帳、クレジット会社の明細等でも代用が可能です。
ただ、領収書が便宜上取扱いやすいですし、取引先の詐害行為にも対処できます。
税務調査が入ると、取引先にも調査が入ります。
その時に相手が発行した証明書があった方が説得力があります。
高額な取引は請求書+領収書(振込明細書または通帳)は確保しておいた方がいいです。
1000万円超は契約書も保管していた方がいいです。
保管期間は7年ですが、今後は電子的な保管も緩和されて行く予定です。
大企業は年間300億円も負担しているそうです。

2014/11/27 08:54:25

相続時精算課税制度を利用している人が相続放棄!!相続時精算課税制度を利用している人が相続放棄をした場合、相続税申告の対象となるのは精算課税制度を利用して受け取ったプラスの財産だけですか?これだと、プラスの財産だけを受け取った事になり、非常にお得な気がします。

確かに、相続時精算課税制度を使ったうえで、借金が多いからと相続放棄したらお得ですが、借金があると分かっている状態で、相続時精算課税制度を利用している場合は、債権者への弁済を意図的に免れる目的で財産を贈与したと判断され、詐害行為取消の対象となり、返すことになります相続時精算課税制度を使ったうえで、借金が多いからと相続放棄して、そのままその財産をもらったままでいてられるのは、あくまで、相続時精算課税制度を使ったときに、裕福な状態だった場合です

2015/1/9 11:08:24

子供への贈与について中学生の息子に、私(40歳)名義の土地と建物を贈与するのですが、贈与税関係も考えられますが可能でしょうか。
可能な場合、息子の住民票のみで良いのか併せてお願いします。
愚問ですがご教示願います。

可能かどうかというご質問なら可能です。
不動産登記における書類としたら、① 贈与契約書② 登記済証③ あなたの印鑑証明書④ お子さんの代理人であることを示す親権証明書⑤ お子さんの住民票の写しなどが必要です。
なお、相当高額の贈与税を取られてしまうこと、贈与の目的が差押逃れであれば、債権者から詐害行為として取り消されることがあること、相続人への生前贈与は後日の相続発生時に特別受益になること、をご認識ください。

2015/4/15 10:10:46

XはYに対し金100万円の貸付を行った。
Yは金100万円をZに弁済した。
Zの債 債権額も100万円だった。
その結果Yは無資力となった。
Xの主張に対しZは金100万の半分の支払いを拒めるか?上記の問題の答えとその内容を知りたいです。
よろしくお願いします。

問題集なら答えはついてるはず。
問題の意味は、200万円の借金を負っているYが100万円の現金しかないとすれば、XとZとが50万円ずつ弁済を受けるのが債権者平等原則。
なのでZはXに対して、俺とお前で50万円ずつ山分けだと主張できるか、という話。
答えは×。
詐害行為取消権を主張されたら全額返さなきゃならない、先に手を出したZの負け。
あんた、テキスト読んでないでしょ。
バカとしか言いようがない。

2015/6/25 11:10:06

財産を放棄した場合生前贈与されていた財産も財産を受ける人に渡さなければいけないのですか?

相続放棄ですよね?生前贈与された財産を必ずしも返す必要はありません。
遺留分侵害がある場合は、侵害したぶんを返すことになる可能性はあります。
詐害行為がある場合は贈与の取り消しを主張される可能性はあります。

2018/6/23 12:39:31

遺留分侵害とは、どういう意味ですか?>

民法IIIの債権総論・担保物権の中で特に大切なところ(分野?)、試験に出やすいところはどこですか?いくつ挙げてもいいので教えてください。
また、重要な用語、判例なども教えてください。
よろしくお願いします。
補足この範囲の中で絶対覚えておきたい条文(○条といったら、その内容が法律を勉強している人なら知っておきたいもの)があったら教えてください。

おそらく内田先生の民法の基本書をベースに聞かれているんだと思いますが、今手元にないので詳しく説明できません。
すみません。
論文の試験だとしたら、担保物権→抵当権、留置権債権総論→債務不履行、債権者代位権、詐害行為取消権、債権譲渡、相殺ってところですかね。
重要判例はあり過ぎて説明しきれません。

2016/1/20 18:18:27

回答ありがとうございます>

Aさん、Bさんの2人で共有している物件を、Aさんが、Bさんの許可を得ることなく、第3者に売ることは合法的にできるものですか?Aさんが保証人を2人立てれば可能であるとの風聞を着たのですが、可能でしょうか?

共有しているという事は、お互いに持ち分がある筈なので、Aさんの持ち分は売買出来ますが、Bさんの持ち分も売買したとなれば詐害行為になりますね。
民法的には善意の第3者には対抗できませんがAさんを詐欺で刑事告訴する事は可能でしょうね。
2人保証人・・・というのは先の回答者さんの言うとおり権利証に代わる保証書の事でしょう。

2011/10/1 20:25:09

弁護士に通帳、キャッシュカード、銀行印鑑を預ける時に預り証をもらうべきですか?弁護士に依頼して離婚協議をしています。
相手も弁護士をたてています。
生活費、貯金で使っていた夫名義の通帳とキャッシュカード、その印鑑を現在も私が管理していて、それを返して欲しいと相手から言われています。
私の弁護士がまず通帳を預かることになり、次はキャッシュカードと印鑑を打合せの時に持ってくるように言われました。
通帳を預ける時は「預り証」の様なものを何も貰わずそのまま渡しました。
信じていないわけでは無いですが、通帳だけならまだしも印鑑、キャッシュカードを渡すとお金が下ろせたりするわけで、、、銀行なら預り証をくれますが、弁護士はこんなものなのでしょうか?預り証を発行してもらった方がいいですか?

預かり証はもらうべきですよ。
そこは法律家の仕事なんだから、手抜きをさせない!成年後見の分野ですが、数千万円単位の横領が多数発覚して問題になりました。
法曹といっても聖人ではなく人の子です。
本当にご主人から依頼されたものでしょうか?そもそもまだ通帳を渡す必要はないのでは?共有財産をどうするか、それが協議というものです。
結論が出るまでは拒否しても良かったと思います。
詐害行為を企んでいるかもしれませんよ。
あなたも弁護士に代理人を頼んでいるのであれば相談すべきだったと思います。

2017/6/19 22:20:43

夫名義の通帳は私の弁護士に預けていて、今は弁護士事務所に有るはずです。
キャッシュカードと印鑑はまだ私が持っていて私の弁護士には預けていません。
rinarena2005さんの言われる通り、まだ財産分与の協議中なので夫に返す必要はないですね。
でも弁護士に意見すると心証が悪くなって信頼関係が崩れてしまいそうなんですが、、
>

-詐害行為

© 2021 金色の夢をリアルで見るために