詐害行為

詐害行為以前に発生した債権を詐害行為後に譲り受けた者は取り消し権...詐害行為

AがBに対して自己所有の家屋を売る契約をした場合について.なぜこのような結論になるのかわかりません。
詳しく教えて下さい。
Bが登記を備える前に、Aが、Bを害することを知っているFと通謀して当該家屋をFに対して代物弁済し、登記を移転してしまった場合、Aがその結果無資力となれば、Bは、A・F間の代物弁済を、詐害行為を理由に取り消すことができる

①まず、詐害行為取消権について債務者が、債権者を害することを知って、唯一の財産を処分して無資力になったとします。
すると、いざというときはその財産を差し押さえて自分の債権を満足させようと予定していた債権者の利益が害されます。
そこで、法はこのような債務者による債権者の利益を害する行為を「詐害行為」として、債権者はこれを取り消して、債務者の元へ戻すよう請求できる権利を認めました。
これが詐害行為取消権の概略です。
②設問の事例へのあてはめ・まず、BはAに対して家屋引き渡し請求権をもった債権者です。
債権の内容は、家屋の引き渡しでも、最終的に損害賠償請求権のような金銭債権になるならokです。
・Aが家屋をFに代物弁済した行為ですが、確かにAはFに何かしら債務を負っていたのでしょうが、ことさら別の債権者(ここではBのこと)を害する意図で代物弁済として家屋をFに渡して登記まで移転させるのは、Bを害する詐害行為に当たると考えます。
Aの主観的な部分を判断材料にするわけです(判例の立場)。
AのFに対する債務がなくなって、プラスマイナスゼロだから、詐害行為ではない・・・ということにはなりませんので注意です。
・FもAと通謀していますから、保護に値しないと考えます(他の債権者Bの利益が害されることを知っている)。
・その結果、債務者Aは無資力となってしまいました。
以上から、詐害行為取消権をBが行使できる要件が揃ったので、Bは、A・F間の代物弁済を、詐害行為を理由に取り消すことができる、という結論になります。

2011/10/5 22:50:25

民法の債権についてです。
今授業で債権を習っています。
テストでは債権のどのあたりが狙われますか?

金銭債権特定物債権自然債務第三者による債権侵害債務不履行債権者代位権詐害行為取消権保証債権譲渡相殺典型契約事務管理不当利得不法行為あたりです。

2018/5/23 12:29:48

民法の詐害行為取消権のところで「相対効」というのがでてきたのですが・・・この相対効というのはどういうことなのでしょうか?よろしくお願いします。

債権者と第三債務者との間でのみ取消の効力が生じ、債務者やそれ以外の者には効力が及ばないということです。

2013/12/7 23:07:32

不動産の売却行為は価格が相当でも、原則として詐害行為となります(大判明39.2.5)。
従って、本問は誤りです。
なお、例外として売買代金が優先権を有する弁済にあてられたときや、有用な物の購入にあてられたときには詐害行為とならないとしています(大判明44.10.3、大判大7.9.26)。
の言うところの有用な物とは例えばどんなものが挙げられますか?

これで良いのかですが、”他に資力が無いものが、生計費、子女の教育費にあてるためになした”最判昭42.11.9民集21-9-2323該当するのではないでしょうか?

2017/10/12 13:22:16

焦っています。
教えてください。
近々実家の会社が倒産、父母が自己破産予定です。
私自身お金を200万円ほど貸しており、その返済は土地を売って行うことを約束しています。
ただ、自己破産目前になって資産である土地を売り、そのお金を返済のためとはいえ娘に渡すことは問題ないのでしょうか?ちなみにお金の貸し借りの際に書類は作成せず、電話でのやりとりのみです。
詳しい方よろしくお願い致します。

破産事件において偏頗弁済または詐害行為として認められない(取り消し)可能性があります。
抵当権が設定してあり、抵当権者に優先で売却代金から弁済した残金でやっても同じ。

2018/2/13 13:32:12

回答ありがとうございます。偏頗弁済、初めて聞く単語でしたので調べさせてもらいました。これに当たりそうですね…>

AはBに3万円貸していました。
3万円借りた後にBは5万円の指輪を手に入れました。
そしてBは5万円の指輪をCにプレゼントしました。
この時Aは詐害行為取消権を行使できるのですか?

何か勘違いがあるようですが。



5万円の指輪を取得した段階で責任財産が7万円しかなかったとして、BがAを害する意思をもってCに指輪を贈与し、しかもCがその事実を知っていたのでなければ、詐害行為取消権は行使できません。

2017/12/24 18:39:31

もう一ついいですか?
債務者は詐害の意思がなかった(詐害になることに気づかなかった)。
けれど受益者は、詐害行為だと知っていた(気づいていた)場合は詐害行為取消権は行使できるのですか?>

民法の詐害行為取消権における詐害性の強さについてです。
詐害行為取消権の対象となる詐害行為の詐害性の強さについて、判例は、(1)一部の債権者への弁済については、他の債権者を害することを知りながら特定の債権者と通謀し、右債権者だけに優先的に債権の満足を得させる意図がある場合を必要とするとしています。
これに対し、(2)一部の債権者への担保権の設定は、生計費・子女の教育費を借用する場合のように、やむを得ない場合でなければ詐害行為にあたるとしています。
この両者の違いはどこから来るものなのでしょうか?どちらも一部の債権者に満足を与える場合であり、どちらも同じような詐害性に思うのですが。

弁済は既に発生している債権を消滅させるいわば後始末であり、弁済をしないと利息がかさみ遅延損害金が発生するなど更に責任財産が目減りする事態が生じるために、総債権者のためにも弁済をする利益があります。
これに対し担保権の設定は任意に新たな権利義務を発生させる法律行為であり、設定を受けた債権者にのみ有利な行為なので、判例は異なる判断をしているのでしょう。

2013/3/22 23:33:50

民法について債権者Aさんと債務者Bさんそして、Bからの転得者CさんがおりAB間で契約が解除された場合解除前の第三者との関係で遡及効があるためCさんは登記を備えておきましたその場合Aさんは目的物返還請求を持っていたが社会通念上不可能になりましたAさんはBさんに損害賠償請求をもちそれを被保全債権としてCさんへ取り消すことは可能か?可能な場合登記を備えておく保護要件って意味ないですよね?解除後も同じで第三者はどのみち目的物は取得できないですよね?長々とすみません

AがBへの損害賠償請求権を被保全債権として、BC間の売買契約を取り消すというのはどういう権利行使でしょうか。
もしかして、詐害行為取消権でしょうか。
つまり、BはAを害することを承知の上で悪意のCに転売しておいた、ということですかね。
であれば、詐害行為取消権の要件を満たしている以上は、取り消せますけど。
むろん、Cの登記がBに戻るだけですが。

2017/10/22 17:55:51

無知ですみませんでした詐害の認識があるんでした>

譲渡担保のことで教えてください。
債務者Aは債権者Bに対し、債務額2億円の譲渡担保として市場価格3億円の不動産Xを差し出した。
一方、債務者Aは債権者Cに対しても債務があり、この額は1000万円である。
債務者Aは債権者Bに対しても、債権者Cに対しても債務不履行の状態にあり、債権者Bは不動産Xについて第三者Dとの間で2億円で譲渡契約を結んだ。
債権者Cは債権額1000万円の債務名義によって債務者Aに対し、強制執行をしたいのだが、債務者Aには不動産Xしかない。
債権者Cが債権を回収する手段はあるか?

詐害行為取り消しなんて難しいことしないで清算金を差し押さえればよいだけの話だ

2017/2/17 21:19:59

問題は2億円の債権に対し、2億円で売却すること。
現状では清算金が生じないと思われます。
>

詐害行為以前に発生した債権を詐害行為後に譲り受けた者は取り消し権を行使できる。
上記はどのような、状況を言うのでしょうか?例をあげてご教示よろしくお願いします。

何がわからないのかわかりません。

2015/6/25 15:25:03

匙を投げた、ということではなくて、質問のスタイルの問題です。
何度も何度も何度も何度も言いましたけど。
漠然と何だかわかんない、という質問には答えません。
それから、こんなことはどんなテキストにも載ってます。
過去問に頼るから何も身につかないんです。
馬鹿は相手にしない、と言ってるわけです。>

-詐害行為

© 2021 金色の夢をリアルで見るために